消費者金融と銀行

金融業者からお金を借りたい場合には、業者の審査にクリアして金利設定や融資枠の契約範疇で利用する事が必要になります。消費者金融と銀行では金利設定や融資枠に違いがあり、そもそもの大きな違いとしては規定されている法律が違っており、消費者金融は賃金業法、銀行は銀行法に従って経営を行っているものです。

これらのルールを踏まえた上で消費者金融や銀行を選択したり、サービスの把握を行う事が安全な借金利用に繋がり、金融業者では望むだけお金を貸してくれるわけでもなく、安全に債務者が利用出来るようにルール設計されています。希望する金額をいくらでも借りる事が出来るわけではなく、様々なルール設定の中で安全に利用出来るようになっているものです。

消費者金融の大きな特徴としては総量規制ルール適用により、年収に応じた借入上限額があり、金利設定は高めで融資枠が小さいという特徴がありますが、審査速度や対応が柔軟というメリットがあります。銀行は総量規制ルールが適用されず、低金利で大きな融資枠があるというメリットがありますが、消費者金融と比べると審査対応が遅かったり審査ハードルが高いという特徴があるものです。

もちろん大きな融資枠があるからと言っても、審査結果次第で融資可能枠は小さく設定される事もありますから、返済能力をチェックされて決められる仕組みになっています。両業者の共通点としては貸したお金を確実に返してもらえる事、そうした返済能力をチェックして融資を決定するものです。業者の規制や選択方法を理解した上で適切な選択を行える事が望ましいと言えます。