総量規制について

貸金業者である消費者金融や信販、クレジット会社に適用され、銀行には適用されない総量規制ですが、これが導入されたキッカケは安全に借金を行えるようにする為と言えるものです。総量規制の最も知られたルールとしては、年収の3分の1を超えた借入は原則として出来ないものであり、こうした年収に応じた上限枠を設定する事で、複数業者から借入を行う多重債務者の発生を防いで、債務整理に陥る人を少なくする事に繋がります。

高利貸と言われた時代は借金審査も通りやすくて、高金利で年収に対して大きすぎる借入も可能でしたが、それによって自己破産者が続出して社会問題に発展したものです。大きな借金で人生設計が狂ってしまう社会人が激増した事からも、借金を行う時に安全性を保つルールを作る必要があり、規制設定を行われる事になります。貸金業規制法によって、総量規制設定、上限金利の引き下げ、業者の規制強化等が行われ、貸金業者を利用する場合に安全性が非常に高まったものです。

例外として総量規制対象外のサービスも貸金業者にはありますが、原則としては規制適用によって大きな借入が出来ないようになっています。こうした規制によって自己破産者や多重債務で返済に苦しむ方を減らす事に繋がり、安全に借金出来る為のバックアップになっているのです。